top of page
  • サイクルショップタジマ

2024MERIDAディーラーミーティング!!

こんにちは、サイクルショップタジマの平野です!

12月6日(水)にメリダのショップ向け2024新製品展示会及び試乗会がありましたので当店スタッフ湯井と参加させていただきました!

会場は静岡県伊豆の国市にあるMERIDA X BASE。


こちらはMERIDAが運営する複合型体験施設。

道の駅「伊豆のへそ」に併設されている施設で、ここではメリダの最新車種を実際に見て、乗って、体験・体感できます。

温泉や宿泊施設まで備わっており、たっぷり遊んでしっかり休める施設となっています!!


こちらはメリダ乗りの方ももちろん楽しめると思いますが、

スポーツバイクを始めようか考えている方、

サイクリングを気軽に楽しみたい方にはとてもオススメなスポットです!!


MERIDA X BASEの詳細は後日させていただくとして、

今回は来期2024年モデルの発表会と試乗会。

私たちショップスタッフも次期モデルはどんな感じかワクワクです⤴️

正式にはまだ一部車種を除き、情報解禁されていませんので写真アップは出来ませんが、来期もメリダは良いバイクを提案しております!

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2024年メリダは、

「SILEX(サイレックス)」グラベルロード

「BIG·NINE(ビッグナイン)」XCハードテイルMTB

「ONE·TWENTY(ワントゥウェンティ)」XCフルサスMTB

がフルモデルチェンジして、既に発表されております!


特に新型サイレックスは前作から更に完成度が上がり、ルックスもよりスマートになり非常に格好良くなりました!!

当店でもお問い合わせの多いグラベルロードを簡単にご紹介です!



前作は、オフロード:オンロード=30:70で設計されておりました。

新型はその割合を20:80で見直し、よりオンロードでの走行性能を向上させています。

因みに同社のエンデュランスロードのスクルトゥーラエンデュランスはこの割合が10:90としています。


前作で評判の良かったオフロードでのコントロール性向上のためのハンドル高。

新型はヘッドチューブは短くしており、その分フロントフォーク肩下を若干長くし高いハンドル位置は保ちます。


アップライトなポジションは変わらず、フォーク内側のタイヤクリアランスも広く取れるようになり、

最大タイヤ幅が38c→45c(700cの場合)に大きく広がりました。

ヘッドチューブは前作より1.5°寝かせた設計にし荒れた下り路面での安定性を更に高めています。

また前後ディスクローター180mm(SILEX400はリア側160mm)としバイクパッキングで沢山積載しても安定した制動力を確保できるようにしてます。


何はともあれ、

10月に行われた「グラベル世界選手権」でマテイ・モホリッチ選手が優勝したバイクがこの新型サイレックス。

選手の元にバイクが届いて、数日で世界戦。

優勝してしまうとはモホリッチ選手もバイクのポテンシャルも凄すぎます!!


近くの河川敷の常設オフロードコースで試乗してきました!

↑↓サイレックス400(アルミフレームモデル)


↓サイレックス4000(カーボンフレームモデル)

感想を書いたらとても長くなってしまいそうなのですが…新型サイレックス、とても面白いバイクに仕上がってます↑↑

楽しくて気付いたらコース何周も回っていました(^^;


他にもハイエンドロード、MTBなども富士山が綺麗に見える最高の環境で乗ってきました!!



2024年のメリダ、どれも魅力的なバイクになっておりますよ!!


詳しい内容はスタッフまでお問い合わせ下さい!

2024年ショップ向けカタログはご用意しましたので、そちらもご覧になりたい方はスタッフまで!

Comments


bottom of page